借金の返済が困難になったら債務整理を弁護士に依頼した方がいい理由

水曜日 , 14, 9月 2016 借金の返済が困難になったら債務整理を弁護士に依頼した方がいい理由 はコメントを受け付けていません。

借金の問題にかたをつける時に思いつくのは債務整理。そして普通は自分一人で解決するのではなくて専門家に依頼するもの。そのとき主には2パターンあります。1つは司法書士に頼むケース。もう1つは弁護士に依頼する場合。ここでは弁護士に頼む時の利点について解説します。
・面倒な手続きをする必要がない
依頼する人間からしてみるとめんどくさく感じるのは、各種の手続きです。この書き方であっているのかな?不利になるのではないか?など不安がつきません。しかし弁護士に依頼する事でそのような心配事はなくなります。
ちなみに弁護士に似ている職業に司法書士というものがあります。弁護士と同じく債務整理の手続きができます。しかし、両者には大きな違いが存在します。司法書士法改正により司法書士にも140万円以下の借金に関する交渉権と、訴額140万円以下の訴訟事件が管轄する簡易裁判所の訴訟代理権が認められる事になっています。
つまりは司法書士も債務整理の手続きをする事はできるという事ですが、過払い金の請求などの訴訟が必要になる時で、過払い金が140万円を超える時には司法書士では取り扱う事は不可能です。対して弁護士の場合なら過払い金が140万円を超える時でも、原告代理人になり、地方裁判所への過払い金請求の裁判を起こし、過払い金獲得に向けて動けます。
・債権者との面倒がなくなる
受任されると債権者との対応については弁護士が代理人という形をとりますから、債権者とのやり取りの面倒が無くなります。債務整理をする時には専門家の力を借りたいところですが、できれば弁護士の方ができる範囲が広いのでいいでしょう。

借金返済・債務整理体験談
http://借金返済方法はコレ.com/

計画的に借金を

土曜日 , 10, 9月 2016 計画的に借金を はコメントを受け付けていません。

借金をする前は、借金をする人って嫌だなと思っていました。借金するぐらいならもっと節約生活をしたり、きちんと生活をしたらよいのにって思っていました。借金をする人を悪く思っていたんです。しかし、私も借金をする立場になり、人には様々な事情があるんだなとわかりました。勉強になったと思います。

借金をすることは良いことだと思いませんが、便利だとは思います。賢く借金をしている人はいると思います。借金をしても毎回しっかり返済をすることができ、そして自分をコントロールすることができる人なら、とても便利だと思います。

でも借金する人のほとんどが、お金にだらしない人じゃないかなと私は思っています。私も借金をするようになってから、金使いが荒くなり、お金にだらしなくなってしまいました。私が以前軽蔑していた人間になってしまったのです。借金は怖い。今はそう思います。できるだけお金は計画的に使って、きちんと貯金をして消費者金融などのお世話にならないように生きています。

給料が安いので、どうしても生活が苦しくなることがあります。家族に心配させたくないのでお金を送ってほしいなんて言えないですし、そうなると消費者金融のお世話になってしまいます。想像よりも簡単に審査が通ってしまったので、調子乗ってしまったんです。こんなにたくさんお金を借りることができるなら、贅沢しても良いんじゃないかなと思ってしまいました。これで失敗しました。計画的に借金すべきだと思います。

借金の時効を中断するには

金曜日 , 9, 9月 2016 借金の時効を中断するには はコメントを受け付けていません。

借金に関する時効は法人は5年、個人は10間債権者から債務者に対して借金の主張をせず、尚且つ債務者も返済を行わなかった場合に対して適用されます。

債務者に関して言えば時効を迎える事が出来れば無条件で借金から解放されますが、債権者からしてみたら貸し倒れはどうしても避けたいところです。

その為、債権者は時効の中断を申し立てる事が出来ます、時効の中断とは、法に基づき債権者が所定の手続きを行う事で成立するのですが、主な方法として裁判所を利用した手続きがあります。

一つは訴状、債権者が裁判所に行き、債権者から対して訴訟を起こすことにより、時効は中断されます、債権者としてもそうなってしまえば裁判所に従わなければならず、訴訟日には出頭しなければなりません、しかし実際には時間と費用がかかる事から訴訟と言うのはあまり行われません。

もう一つは支払督促があります。支払督促とは債権者が自ら契約書や債務確認書を持参して簡易裁判所に出向き、その申し立てが正式に受理された事で成立します。簡単に言えば債権者からの支払い督促ではなく、裁判所からの支払督促です。

なおこの場合は書面の送達で行われる為、債務者に支払督促の書面が届いた時点で時効が中断されます、債務者は書面が送られた時点から2週間以内に異議の申し立てを簡単裁判所に行う事が出来ます。

結果的には訴訟、または支払督促の両方に言えることですが、大半は債務者と債権者双方が裁判所を介した話し合いを行って和解に至るケースがほとんどです。

ちょっと私には理解不能

木曜日 , 8, 9月 2016 ちょっと私には理解不能 はコメントを受け付けていません。

私は怖くて消費者金融やカードローンは使ったことがありません。クレジットカードはポイントを貯めたいので使っていますが、使うときは「これも借金の一種だ」と自分に言い聞かせ、使った分はすぐに銀行に現金を振り込むようにしています。

私のママ友も同じような考えなのですが、彼女の旦那さんはすぐに借金を繰り返すのです。結婚前に一度彼女が借金を立て替え、チャラにしたにも関わらず、結婚後わずか2年でまた総額100万くらいの借金があるようなのです。借金とは言っても、借りているのは友人や親だから大丈夫、というのが旦那さんの口癖です。全く返済しようという意欲はなく、給料はブランド物を買ったりしてしまうようです。私にはその考えが到底理解不能です。人にお金を借りてまで買いたいものって何だろう、それこそ分不相応だし、そんなもの持っていても全然楽しくないです。

お金が自分にないのは理解しているので、転職することにしたそうです。外回りの営業職で自前の車が必要だ、ということで、車の頭金を、今度は親に借りたそうです。数か月に一度のペースで友人からも親からも借金をしているのです。さすがにハイペースすぎると思ったのか、転職先で給料が軌道に乗るまでは消費者金融で生活費を賄う、と言い出したそうです。それは友人が必死に止めさせたそうですが。

ママ友はお金に堅実な人なのですが、旦那さんはそんな感じだと、いつか住宅ローンも滞って、彼女にまで被害が及ぶんじゃないか…と今からひそかに心配しています。

No newer/older posts